2009.12.3 LSパリ

LSでフランスのパリに行ってきました。
1日目〜この日は夕刻パリに到着。すごく寒いのかと覚悟を決めていったのですが、暖冬のせいらしく、思ったほど寒くありませんでした。東京の1月ぐらいの感じでしたよ。ホテルに到着したときには、すっかり日が暮れて街の夜景がとってもきれいでした。 で、なにはともあれクリスマスイルミネーションで華やかに飾られている「シャンゼリゼ」へ! まずメトロ(パリのは地下鉄が発達している)で「凱旋門」に! 写真とかでは見たことあるけど、実物は圧巻でした! そして、そのまま「シャンゼリゼ」を散策。 本当にクリスマスのおかげで、ものすご〜〜〜〜くきれいでした。 せっかくフランスに来たのだからフレンチを食べよう! って思っていたのに、フレンチのお店が軒並み満員で、妥協してイタリアンにしてしまった。 まぁ、景色が素晴らしかったのでよしとしよう!

2日目〜この日は、まず、おねーさんの夢だった「パリで皮ので袋を買う!」を実現すべくデパートへ繰り出しました。 どこから行こうかと考えた末、「オペラ座」の外観を見ながら行こうということになり、メトロで「オペラ」へ。そしてお買いもの! 次に「エッフェル塔」を見に行きました。「エッフェル塔」に登ろうかと思ったのですが、4時間ぐらい待ちそうな長蛇の列だったので、やめて、その辺を散策! 「セーヌ川」の景観がフランスって感じで趣きがあってよかったですね。 夜はAm主催のウェルカムパーティー。 今回もこだわった会場セッティングに感動! パリの街を会場内に演出という感じでよかったです。 具体的には、音楽を演奏(アコーディオン、ギター、ベースのトリオの生演奏)のコーナーがあったり、絵を描いてるコーナーがあったり、ムーランルージュを再現したコーナーがあったり、オペラ歌手による生の歌があったり、似顔絵かきのコーナーがあったりと、本当にフランスの街を再現したような感じで、とても楽しく過ごせました。 パーティー後、泊まっていたホテルの最上階のバーへ。 バーへ何しに行ったかというと、「エッフェル塔120周年記念」のスペシャルライティングを見に行きました。すごかった! 写真だけなので、よくわからないと思うけど、「ビカビカビカビカ・・・・」って感じのイルミネーションだったんですよ。 ちょうどいいときにこれてラッキー!

3日目〜この日は少し足をのばして、「フォンテーヌブローの宮殿と庭園」を見学しに行きました。「フォンテーヌブロー城」は世界遺産にも登録されている歴史あるお城です。いや〜お見事!の一言にしかならないくらいすごかったです。外観は石造りなので地味な感じですが、入って見ると、はじからはじまで、豪華絢爛! 女性は自分がお姫様になったかのようにうっとりって感じでした。いろいろ説明を聞きながら見学したのですが、あの有名な「ナポレオン」も住んでいたとか・・・「マリーアントワネット」のお部屋があったりとか・・・歴史の中に吸い込まれたようなひと時を過ごせました。 見学後、ランチを「トレインブルー」という「リオン駅」のレストランでいただきました。日本で駅のレストランというと、「エ〜〜〜」となりそうですが、フランスの場合、歴史上、大きな駅というのはお金持ちの方々が旅行をするためのもの、ということで、ものすご〜く立派なレストランでしたよ。写真を見てもらうとわかりますが、内装がものすごかったです。メニューもちゃんとしたコース料理になっていて、すご〜くおいしかったです。
夜は、再び「シャンゼリゼ」へ。といっても、「凱旋門」からではなく、「コンコルド広場」から歩こうということで、メトロで「コンコルド広場」へ行きました。「コンコルド広場」では、クリスマスの時期だけ設置される観覧車がとってもきれいでした。そして、おごそか建っている「オベリスク」、向こう側にある「エッフェル塔」と夜景が素晴らしかったです。
ホテルに戻ろうと思ったのですが、地下鉄の出口を間違えため、「ブローニュの森」に出てしまったのですが、ラッキーなことに「うさぎ」を発見! 当たり前ですが、飼われていないうさぎ、名付けて「のらうさぎ!」がたくさんいてびっくりしました。自然を大切にしているパリに感動の一こまでした。
夕食は、ランチで食べすぎたので、ホテルの近くのカフェで軽く食べました。

4日目〜この日は「モンマルトル」にある「サクレ・クール寺院」を見学に行きました。「モンマルトル」はパリで一番高い丘ということで、パリの街を一望に見渡せる景観がよかったです。「サクレ・クール寺院」もよかったですよ。
そして、この日の夜は、待望のグランドバンケット。 今回の会場は、なぁなぁなんと、政府所有物の「ブラン・パレ」! フランス政府の許可なくては使用できない「グラン・パレ」! 普通では考えられませ〜ん! そして、ディナーコースのセッティングは、なぁなぁなぁなんと、「フォション」! 日本でも有名な「フォション」が全力を挙げてのフレンチディナーコース! う〜〜〜ん、うまかった〜〜〜〜〜〜。 総合司会にはフランス在住の「中村江里子さん」を迎え、 それから、エンターテイメントには、イギリスのロイヤルファミリーによる数々の招待、ローマ法王のリクエストによるバチカンでのコンサート、さまざまな国家元首の前でも演奏をしている「ラッセル・ワトソン」が最高の歌声を披露してくれました。
本当に普通では考えられない一夜を過ごせました。
ホテル部屋に帰ってみると、ベッドの上にはAmからのプレゼント! 今回は「エルメス」! とうとうエルメスをプレゼントされてしまった!

5日目〜この日は、サンルイ島、シテ島を散策しました。パリの古い街並みが、なんとも素敵でした。シテ島では、すいていたら「ノートルダム寺院」を見学しようかと思ったのですが、3時間ぐらい並んで待ちそうっだたのでやめました。(次、パリに行ったら見ようと思います。)
夕刻、日本へ帰国。最後に(おねーさんが撮影)シャルル・ドゴール空港の女性トイレのドアがオシャレでびっくり。フランスはどこまでもオシャレだな〜と思いました。

最後におねーさんのメッセージを。
21年ぶりのフランス・パリでした! 年収200万円のOL時代に行ったパリと、今回、招待していただいたパリとでは、ホテルも食事も段違い!! エッフェル塔も、どこから見るかで、こんなにも違うものかと痛感! 前回はオフシーズン、今回はオンシーズン。 シャンゼリゼ通りも100倍華やかでした。 お仕事がんばって、また、行くぞ〜〜〜〜!!と決意して帰ってきました。